投資を始めるあなたに!デリバティブのいろいろ伝えます

投資は自分には関係ないと思ってませんか? リスクを考えたら確実に資産を形成できる貯金の方がいいと? ちょっと待ってください! 本当に銀行預金ってリスクはありませんか? 実は銀行預金も投資の一種。 リスクがあることは変わらないんです。 将来のリスクをなるべく軽くするためにも、全ての人に投資の勉強が必要なんです。

デリバティブで投資を始めよう!

デリバティブはそもそも農作物の価格変動のリスクを軽減するために生まれたもの。 多くの人はデリバティブを投資ではなく投機の側面から見ており、ハイリスクハイリターンなものとして捉えています。 しかし本来デリバティブはリスクを避けるための手段の一つなのです。

無理なデリバティブは破産の元!

蓄えを増やすために始めた投資で蓄えを失う、それどころか生活がままならなくなってしまえば元も子もありません。 デリバティブの本来の目的はリスクヘッジですが、取引の特性上少額でも多額のリスクを背負うことができてしまいます。 自分のキャパシティを踏まえた取引をして、なるべくリスクを回避しましょう。

一億総投資時代

老後のことを考えたことはありますか?
これから日本では少子高齢化が進み、年金受給額はどんどん下がっていくでしょう。
老後も自分の足で立って生活しなくてはいけない時代がやってきます。
しかし老化によって確実にあなたの労働生産性は下がり、賃金を得るという形の収入だけでは厳しい生活を強いられるでしょう。
若いうちに老後のための資産を作る、老後の収入の見込みを作ると言った備えは当たり前に必要になるのです。
投資はその手段の一つです。
貯金の一部を投資商品にしておき、価値が上がるようにしておけば老後のための貯蓄が働かずとも増えていきます。
投資についてしっかり勉強して理解しておけば、老後も投資によって稼ぎを得ることもできます。
今しっかり投資について知っておくことは、あなたの老後の余裕のある生活につながるのです。

一口に投資と言っても様々な種類の取引がありますが、当サイトではデリバティブという形の取引形態について解説していきます。
通常の投資の場合、金融商品を購入するのにある程度の資産を保有している必要があります。
金融商品を買うお金がなければお話になりません。
一方デリバティブは将来の取引について契約を結ぶものになります。
先物取引きやオプション取引では契約後一定期間が経ってから売買を成立させるもので、少ない資産で始めることができるのです。
もし今現在投資のための資産がないなら、デリバティブから始めてみるのはいかがでしょうか。


TOP